Home > スポンサー広告 > 原点3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事へのコメント: -

planner.k URL 2008-04-24 Thu 19:33:08

レスありがとうございます。
設立の際には、希器さんの食器を是非
来客用に使わせていただきたいと思っております。
素敵な作品を創り続けて下さいまし。

shuji-kodama URL 2008-04-24 Thu 20:06:47

> planner.kさん
ありがとうございます。
いい器を提供させて頂きますので
ご期待を!

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 原点3

Home > 未分類 > 原点3

原点3

  • Posted by: 児玉修治
  • 2008-04-24 Thu 17:01:09
  • 未分類
そんな出来事もあり
ようやく、修行の準備・心構えが出来たのです。


でも、師匠はお見通しだったようで
それからしばらくたったある日
「おっなんか最近顔つき変わってきたなぁ」って言われたことを
印象的に覚えています。


一見なんでもないそうじも
自分にとって大事な時間に思えるようになったし
(そうじってホント大切ですよ~~~
あそこに人生の必要なことはいっぱい隠されてます。)

雑用もいつか役に立つ時が来るとおもい
がんばれました。

実際に今独立してからおもうのは
あの時の経験がいろいろ役立ってるということ

例えば土の固さ調節
弟子のときに何十万個と作った教室用の土の固さは
手が覚えてます。
素人の方でも作りやすい固さ
これは今でも役立ってますね

他にもさまざまな点で
あの時のいろんな雑用が今に活きています。






一つのことに集中しだすと
時間の流れは早く感じるようになります。
そのことに自覚すれば
より集中できるようになります。
集中することを知っていれば
物事はいい方向へと向かうようになっていきます。





工房に働きにこられてた他の職人のおじさんやおばさんの
信用も少しずつ得られるようになってきた
10月の始め
はじめて工房の鍵を師匠から頂きました。

これが何を意味するかというと
ようやくここの工房の一員として認められた
証とこれからは
仕事の時間以外の空いてる時間は
いくらでも練習をすることを許されたことを
意味するものでした。

正直嬉しかったです。
まだ、何かを成し遂げたワケでも何でもなかったのですが
ただただ素直に嬉しかったです。



それからというもの
毎日必死になって
仕事が終わったあと練習に励みました。

その当時の僕の一日は

朝8時から通常の仕事
つまりはそうじや雑用ですね
それが夕方5時には終わります。
それから自分の部屋に帰り夕ご飯
もちろん自炊
これも今、大分役に立ってますね

ちょっと余談ですが
部屋の前に川が流れてたんですが
そこで獲った魚や手長海老を食べたりもしてましたね~
まさにサバイバル!!

夕ご飯を食べ終わったら
また、工房へ行き
そこから夜中12時ぐらいまでひたすら練習ですよ

広い工房で
自分のロクロの上の電気だけつけ
一人孤独に練習ですよ
来る日も来る日も・・・

作りながら眠りこけることもよくありました。
12時超えてもやっててそれが時々師匠に見つかったら
怒られることありました。(明日の仕事にさしつかえるため)

ホントいろんな事を思い出します。

つづく

この記事へのコメント: 2

planner.k URL 2008-04-24 Thu 19:33:08

レスありがとうございます。
設立の際には、希器さんの食器を是非
来客用に使わせていただきたいと思っております。
素敵な作品を創り続けて下さいまし。

shuji-kodama URL 2008-04-24 Thu 20:06:47

> planner.kさん
ありがとうございます。
いい器を提供させて頂きますので
ご期待を!

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 未分類 > 原点3

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。