Home > スポンサー広告 > 原点7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事へのコメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 原点7

Home > 未分類 > 原点7

原点7

  • Posted by: 児玉修治
  • 2008-04-30 Wed 20:33:19
  • 未分類
こんばんは

コダマです。

ちとあいてしまいましたが
つづきです。






焦りは視野を狭くし
冷静さと謙虚さを奪います。




freecupをきっかけに
三年目に入り少しずつ
将来のビジョンが
何がしたいのか?が出来ていきました。
しかしそれと同時に
自分の中での焦りも募るのでした

このままではダメだという焦り

もっとしなきゃいけないことは
たくさんあるという焦り


今の仕事に満足できない自分がい
今までの謙虚さはなくなり
自分の傲慢さが目立つようにも
なっていたと思います。


今こうして振り返ってみると
師匠に意見したような場面もあったように思います。
普段より両親にもよく言われるのですが
「あんたは偉そうや、もっと謙虚さをもたなあかん。」
自分でも重々分ってはいるつもりなのですが

やはりまだまだ若輩者
自分の欠点を隠しきれない場面も多々現れていたように思います。

感謝すべきは
そんな僕を切り捨てることなく
見守ってくださった
師匠であり工房の皆さんなのです。


そんな僕の冷静さを取り戻すきっかけになったのが
ある新聞の記事です。

弟子の時代は
テレビを見ない環境だったので
世間の出来事は
毎朝の新聞でえてました。

その日もいつものように
新聞に目をおとし・・・
するとそこに興味深い記事が・・・


希器 1574

その時の記事は自分にとって大事なことのように思えたので
きれいに切り取り持ち帰り
部屋に貼りました。

自分への戒めとして・・・


今すべきことをしたらいいのだと
焦ることはないのだと
当時の自分のこころにストンッと入った記事でした。


弟子を卒業する時
次のそこの住人へ(弟弟子)
「辛くなったらこれをみなさい」といって
そのままにしてきたのですが

こないだ3年ぶりぐらいに行ったら
ちゃんと貼っておいてくれたようで
思わず画像に納めてしまいました。

そういえば
最近何か焦っていたような気がしたので・・・



またこれも
僕の原点のように思います。


つづく

この記事へのコメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 未分類 > 原点7

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。