Home > スポンサー広告 > 原点(完)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事へのコメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 原点(完)

Home > 未分類 > 原点(完)

原点(完)

  • Posted by: 児玉修治
  • 2008-05-01 Thu 17:45:37
  • 未分類
人生に必要なことは
陶芸が教えてくれた。





弟子をあがる約一年前に
師匠には独立のことをお話しをしたのですが
師匠は
「おうそうか、お前やったら大丈夫やろ~」
というシンプルな言葉で
背中を押してくださいました。


最後の一年は
本当に充実したものになり
通年のいろんな出来事や仕事も
今年が最後かと思うと
寂しさを感じてならなかったです。


4年間いろんな事がありすぎました。
辛かったです
しんどかったです
くじけそうな場面もありました

でも、つづけました。


何もない山奥で生活し自分と向き合って
いろんなものを見つけることが出来たように思います。
4年前には持ってなかった価値観も得られました。


物事はやってみないと見えてこない


それがどんなことであっても・・・

そしてやってみた結果失敗してもいいんだと・・・

そうやって繰り返すうちに
自分なりの答えや方向性が見えてくる

それが成熟なのだと思います。



言葉にすると簡単ですが
やったもの、目指したものにしか
これは分らないのかもしれません





最後に

弟子をあがって今年で4年になりますが
今、当時を振り返り
こうやって文章にしてみると
僕にとってもっとも大きな原点は
あそこで過ごした
4年間の時間
そのものです。


来年、陶芸に出会って10年の節目を迎えます。

これからも、あの時の熱い想いを持ち続け

この道を歩いていきたいと思います。
希器 1576

この記事へのコメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 未分類 > 原点(完)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。