Home > スポンサー広告 > 次なる挑戦3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事へのコメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 次なる挑戦3

Home > 未分類 > 次なる挑戦3

次なる挑戦3

  • Posted by: 児玉修治
  • 2008-08-06 Wed 21:23:21
  • 未分類
僕のJAZZに対する誤解?というか固定観念を
根底から覆した作品
blue~60th Anniversary of BLUE NOTE deejays cool cuts
その中でも特にお気に入りになったのが
三曲目にクレジットされていた
kyoto jazz massiveのspreedomという楽曲

僕が今までに聞いたこともないような
とてもクールでオシャレな曲は
まさに捜し求めていたものであり
僕はすぐさまkyoto jazz massiveの虜になりました。

あいにくその頃のkyoto jazz massiveの活動は
リミックスワークとクラブでのDJ活動が主で
単独でのアルバムはまだ出ていませんでした。

それでも彼ら(兄弟ユニットなのですが)
の作る楽曲が気になってしょうがない僕は

親からの仕送りを切り詰め
食べるものも我慢しながらCDやレコードを買う
そういう生活をしてました。

その頃
専門学生で陶芸の勉強をしながら
陶芸と同じぐらい熱くなれたのが
kyoto jazz massiveと書かれたCDを
狂ったように買いあさることや
kyoto jazz massive関連のクラブイベントに
通うことでした。

はっきりいって
TVにいっぱい出て活動する
という形態ではない彼らの動向を
チェックするのは正直大変でした。

今みたいにパソコン一つでインターネットで情報収集とはいかず
情報を得るためには
彼らの主催するクラブイベントに行ったり
それも片道1時間半もかけて
(いや~若かったな~)

今みたいにネットでアルバムの曲を
一曲から買える時代ではなかったので
コンピレーションCDの10曲中のkyoto jazz massiveの作った
ただ一曲を目当てに
3000円を払って購入したりしながら
kyoto jazz massiveを影ながら応援してました。


ここで少しkyoto jazz massiveの紹介をごくごく簡単に

兄・沖野修也 弟・沖野好洋からなる兄弟DJユニット
兄は東京渋谷でクラブのオーナー・プロダクションの社長・一人の音楽家としての活動
世界を股にかけたDJ活動・執筆活動・アーティストのプロデュース活動等々
その才能は多岐に渡り
一方
弟も大阪でレコード店及びレーベル運営
数々のレギュラーイベント(中でも大阪でのfreedom timeは10年を越える世界的に有名なパーティ)
世界を股にかけたDJ活動
数々の楽曲提供等々
こちらも多岐にわたる才能の持ち主
詳しくはコチラhttp://www.kyotojazzmassive.com/top.htmlオフィシャルサイトで

つづく

この記事へのコメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 未分類 > 次なる挑戦3

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。